ふぁうろぐ。

雑多。興味あること全てつぶやく。

劇的(パワプロ2020栄冠ナイン③)。

※前回の記事はこちら。 

foulfalsetto.hatenablog.com

 

田口・西野世代が抜けたあと、しばらくは軸の選手のいないモブ世代となるのだが、今回から導入された中学生スカウト機能によって、大きな戦力ダウンにはなりにくくなった。

 

兵庫から鳥取に移動。甲子園出場。

モブだけなのに、過去最高の成績をおさめた。

f:id:foulfalsetto:20200721095829j:plain

モブだけなのに過去最高。

 

鳥取から島根に移動。

 

ここで久しぶりに軸となる選手が登場する。

転生OB・門田博光(元南海など)

https://gamerch.com/pawa2020/entry/167068

である。

 

門田は左投左打の外野手。DFで左利きがなかなかいない。

門田のイメージから、できればCBがよかったが、特にCBで左利きはいない。

そこで、左SBから探して、都並敏史にした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E4%B8%A6%E6%95%8F%E5%8F%B2

利き足が両足ってことで、左投両打にした。

 

f:id:foulfalsetto:20200819111810j:plain

都並敏史さん

 

都並世代は、のちにとんでもない世代になった。

 

まず、1年時には夏は県大会突破できなかった。

しかし、秋は突破し、春の甲子園初勝利!3回戦敗退。

f:id:foulfalsetto:20200721101733j:plain

春の甲子園初勝利!

 

島根から山口に移動。

 

 

ここでも新たに軸となる選手が登場。

 

転生プロ・安部友裕(広島)

https://gamerch.com/pawa2020/entry/161191

f:id:foulfalsetto:20200721100953j:plain

安部の初期能力値。特殊能力が多い。

安部は内野手でどこでも守れるが、どちらかといえば攻撃型。ってことでMFで探して、金田喜稔にした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%94%B0%E5%96%9C%E7%A8%94

f:id:foulfalsetto:20200819112953j:plain

 

f:id:foulfalsetto:20200721101342j:plain

夏の大会は甲子園ベスト16。

f:id:foulfalsetto:20200721101954j:plain

春の甲子園初のベスト8!

 

そして山口から福岡に移動。

 

甲子園出場の常連となり、都並世代が3年生となったこの頃から、異常な攻撃力のチームとなる。

 

失点しても大量得点を取って、勝ち進み、ついに甲子園の決勝戦・・・

 

f:id:foulfalsetto:20200721102620j:plain

初優勝決定サヨナラホームラン

 

f:id:foulfalsetto:20200721102743j:plain

ホームベース上で喜ぶ選手たち!

 

f:id:foulfalsetto:20200721102902j:plain

勝戦は珍しい投手戦。延長で決めた!

 

f:id:foulfalsetto:20200721103051j:plain

打った渡瀬にはサヨナラ男と人気者がつく。そりゃそうだw

 

f:id:foulfalsetto:20200721103154j:plain

渡瀬の能力。これでもチームでは守備型の8番打者だった。

 

f:id:foulfalsetto:20200721103306j:plain

記念すべき初優勝の記事。

 

f:id:foulfalsetto:20200721103356j:plain

優勝までの道のり。ほとんどが二桁得点。内気ではなく攻撃力が凄すぎた。

 

f:id:foulfalsetto:20200721103523j:plain

優勝時の都並の能力。14本塁打41打点が見える。

 

f:id:foulfalsetto:20200721103702j:plain

優勝時の金田の能力。これでもまだ2年生。.380 6本 18打点

 

f:id:foulfalsetto:20200721103835j:plain

優勝時のエース細田の能力。モブなのに166キロ。スタミナ少なくてほぼ継投。
打つ方の能力値は高くなかったが、9番で打率.416 2本 13打点を記録。

 

以上になります。優勝ほんとうれしかった!!

でも、これで終わりじゃないです。まだまだ物語は続いていきます。