ふぁうろぐ。

雑多。興味あること全てつぶやく。

30代男性がおすすめする夏曲ベスト20~11(2020)

f:id:foulfalsetto:20200806141903j:plain

最近の曲、わかりません!

でも、音楽が大好きな30代の僕が独断と偏見でお届けするおすすめの夏の曲を50曲お届けします!

 

今回は20位から11位まで・・・。

 

※前々々回の50位から41位まではこちら・・・

foulfalsetto.hatenablog.com

 

※前々回の40位から31位まではこちら・・・

foulfalsetto.hatenablog.com

 

 ※前回の30位から21位まではこちら・・・

foulfalsetto.hatenablog.com

 

 

⑳星のかけらを探しに行こう Again/福耳 (1999)


福耳 / 星のかけらを探しに行こう Again

杏子、山崎まさよしスガシカオによるユニット。(当時)

当時、大人な男性、女性って感じがキラキラしてて、すごかったなーっていう印象。

 

 

⑲最後のKiss/Kiroro (1999)


Kiroro 最後のKiss

「砂にかいたラブレター」というキャッチーなフレーズが頭の中に残る。

個人的に好きなのは、大サビのハモリの勢い。

 

 

⑱SHOOTING STAR/八反安未果 (1999)


Amika Hattan - SHOOTING STAR

名曲なのに、結局名前イジリになってしまうのがもったいない。
伸びやかなボーカルが心地よい。
今回調べてて、初めてカバー曲だと知った。夏の名曲。

 

 

Over DriveJUDY AND MARY (1995)


JAM OverDrive

日本史上最高、伝説の女性ボーカルバンド。爽快感がたまんない。
復活してほしいけど、しないんだろうなーw

 

 

恋のマイレージRAG FAIR (2002)


RAG FAIR・恋のマイレージ

 

foulfalsetto.hatenablog.com

 上記参照。

 

 

⑮太陽のSEASON/安室奈美恵 (1995)


[FULL] 太陽のSEASON 安室奈美恵 (Namie Amuro)

実質、ソロデビュー曲らしい。
聴いた時の衝撃は今でも覚えてる。とにかくかっこいい!

 

 

⑭BOY MEETS GIRL/trf (1994)


TRF / BOY MEETS GIRL

単純にかっこいい、オトナっていう当時のイメージ。
特に小文字時代の「trf」っていう表記のほうがかっこよかったのになーって思う。

 

 

渚にまつわるエトセトラPUFFY (1997)


PUFFY 『渚にまつわるエトセトラ』

歌詞の意味が全然わからないけど名曲「アジアの純真

」より、歌詞はわかるけど、頭に残る歌詞は「カニ食べ行こう」ってことぐらい。
それでも夏にぴったりで素敵な曲。

 

 

love the island鈴木あみ (1998)


鈴木亜美 「love the island」 1998年 ポップジャム

ASAYANから衝撃のデビュー曲。
爽快感と純粋さと切なさと・・・なんかいろいろ詰まった曲!

 

 

⑪Sweet Emotion/相川七瀬 (1997)


相川七瀬 / Sweet Emotion

それまでのロックや悪い感じのイメージというより、この曲は夏のさわやかさ、ポップさも増して、爽快感が素晴らしい名曲。
他にも名曲がいっぱいあるが、この曲も忘れてほしくない。

 

 

 

以上になります。

今回は女性のポップな曲が多かったかなという印象。全然狙ってないけど。

あとは最後のトップ10!

がんばってまとめてますので、少々お待ちを・・・(大汗)